Welcome!

ロングステイ & MM2H イン トロピカルマレーシア

1年以上
先月から今月にかけて、保護者ビザ取得にはRM8,000の残高証明が不必要になり、代わりに医療保険加入が義務になったらしいですね。
私、先月から進めていた件があったんですが、MM2Hのお客様で「ご自分でペナンの移民局でおやりになったら如何ですか?」とお伝えした方が先月取得なさっても特に何もおっしゃっていなかったのでそんな急に必要なものが変更になったなんて知りませんでした。(ご自分でペナンの移民局でおやりになったら?と言ったのは、プトラジャヤでやり始めると常にプトラジャヤでやらなければならなくなりそうだからです。1年2年毎にプトラジャヤへ行く或いはエージェントに頼むでは、えらい手間隙お金がかかってしまいますからね。まぁ私としてはお客さんが一人減ることになりますが、ペナンでできると知っているのに黙ってお金頂いてプトラジャヤで手続きするのも・・・ねぇ。)
で、肝心の医療保険なんですが、MM2H用に私が手配しているものだとかなり安価(年齢によりますが、26歳から35歳でRM169.60+GST、36歳から45歳でRM224.70+GST)でできるんですが、MM2Hビザ取得者の場合は仮承認レターのコピーを提出するのがMUSTなので、保護者ビザの場合はどうなのか、加入可能なのかどうかまだはっきりしていません。これに加入可能だとご本人はご自宅で書類にサインするだけで済むんですが。
というか、こんな保険とは名ばかりの保険に加入しても保護者ビザが取得できるんでしょうか?(私はできると思いますが。だってMM2Hビザだって取れますからね。)

この辺は23日にKLに行って、この保険会社のオフィスにも立ち寄りますので聞いて来たいと思います。(それと、移民局にも確認せねば。昨日今日かなり長い時間トライしましたが電話に誰も出ません。)
ただ、このような安価な保険は、保険としての機能はほとんど期待できないものですので、あくまでも他に有効な保険に入っていて、保護者ビザ取得の便宜上必要なものとして加入するのであれば良いと思います。MM2Hビザを取得する方にも同じことが言えます。

何だか最近むっちゃくちゃ忙しいです。娘はデングで入院して明日で7日目。7日目と言ったら快方に向かう時期だと思うんですが、何故かあまり良くなっていない様子。学校まだあるのに、いつまで休まなきゃいけないんですかね~ この調子で週末の盆踊り、行けるんでしょうか。いや、何が何でも行くでしょうがWWW 私もお手伝いすることになっていますしね~

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
1年以上
今、マレーシアではビザなしで銀行口座を取得することは、銀行口座を開設しなければビザが取得できない場合を除いて殆ど不可になってきていると感じます。(外資系はそれぞれ独自のルールがありますが。)
CIMBについても、以前はMM2Hの申請をします、或いは申請をしました。という書類の提出をすればその場で口座開設ができていましたが、それは今年の初めくらいまでの話。今では仮承認レターがないと難しいようです。

そのCIMBで保護者ビザの取得のために銀行口座開設をしようと思ったんですが、これもまたすんなり行かず、中央からの許可がないとできないとのこと。

子どもが既にもらった学生パスの写しやその他の必要書類を提出して数週間。まだ許可が下りないの?他の人はその場ですぐ口座開設できたと言ってたのに何故これほど待たされるの?と痺れを切らしたお客様。一担当に言っても埒があかないと思ったので先週末マネージャーに直接会って「来週火曜日まで待つ。火曜日まで待って返事がなければ他の銀行に連れて行く」と言ったらちゃーんと昨日までに結果が。笑 一体どこで滞っていたのでしょうねぇ。

保護者ビザの取得には入管でもまた時間が結構かかるので(以前は1ヶ月後に取りに来るように言われたことすらありました)、早め早めに進めることをお勧めします。最近バタワースのこういう関連のビザの窓口のボスが、「できない」人に代わったようで、私の周りでもいろいろと問題が勃発しています。理不尽なこともあるようですので、早め早め、そして上手く対処していかないと、ですね。トップができなくても下から文句を言うことは皆無ですから、本人が気づかない限り改善しないんですよね、ここのお役所って。

このボスに代わってから起こった問題の一つに、MM2Hビザを新しいパスポートに移す際に古いパスポート内のビザの期限が切れていないのにも関わらずJPビザ代RM500を取られたという外国人がプトラジャヤのほうへ苦情を申し立てたというケースがあります。ボス、分からないのならプトラジャヤに確認してから進めればいいのに、問題が方々に拡散されてからようやくプトラジャヤに電話をかけてきて確認したらしいです。

自分で行なうと、きちんと理解していない人は払う必要のないRM500支払わされても「そういうもの」で済ませてしまうことが多いと思います。今まで一体どれだけ余分なRM500を徴収してきたんでしょうねぇ、このボスは。そういう意味では、エージェントに依頼するというのはメリットになりえますね。時々、ビザに限らず何でもそうですが、自分でやって却って損をしている人っていますしね。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
1年以上
こんなビザがあるとは初めて聞きました。
かかりつけのお医者様からのレターがあれば、6ヶ月毎の更新ではありますが、病気療養ビザの発給が受けられるのだそうです。
初めて申請する時はお医者様からのレターのみではなく、検査データなど他に必要なものもあるのかもしれませんが。

いやぁ、こんなビザの存在、初めて知った~~~。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
1年以上
ここ数ヶ月の間に「マレーシアでビジネスをしたいのならMM2Hビザでの滞在は不可」という通達が出ましたよね。
そこへきて、「外国人にマレーシアでの口座開設をさせない」みたいな、普通に考えると何でそんなに急な話?!と驚くような話も政府筋から出てきているようです。
これについては観光省は真っ向から反対を表明の様子。だってMM2H用定期預金が作れなくなっちゃいますもの。

会社設立のアシストのご依頼を受けましたので、20年来のローカル友にカンパニーセクレタリーを紹介してもらいました。
以前別の人に別のカンパニーセクレタリーを紹介してもらったことがあるのですが、そのカンパニーセクレタリーに面会した時、何だかあまりピンと来なかったんですよね。料金は平均より高いくせに説明がツボにはまってなくて。
でも今日紹介して頂いた方はスッポリはまるというか、何故そこまでMM2Hと会社設立の関係について詳しいの?MM2Hに関しては私に劣らず熟知している様子。
話している途中で理由が判りました。
その紹介してもらったカンパニーセクレタリーはMM2Hエージェントも兼業していたのでした。(笑)

いわばライバルということになるんでしょうが、彼らは中国系、私は日本人ということで、お客様の取り合いになるようなことはほぼないでしょう。あちらはどう思ったか知りませんが、私はこれから日本人の方が会社設立をなさるという時にはこちらにご案内しようと思います。このカンパニーセクレタリーの代表の中華系マレーシア人の方、話していたのは30分ほどでしたが、その人の人の良さというのがとてもよく感じ取れました。鈍感な私には珍しいくらい。それだけ明らかに良い人だったということでしょう。

そもそもカンパニーセクレタリーとは一体何か。
会社設立から設立後の、秘書のような役割を担う役職で、有資格者しかなれません。

カンパニーセクレタリーとだけ書いていますが、監査役もこちらで手配できるそうですので、会社設立から会社設立後の税金関係、会社存続に関する手続きは全てこちらにお任せできるということになります。

報酬額について、日本語で事細かに会社設立について解説している某サイトにおいては、月々の基本料金がRM100から数百リンギットすると書かれていましたが、こちらのカンパニーセクレタリーはどうもRM100も請求しないようです。

安いからと安易に決めてしまうのは良くないと思いますが、高いなら良いのは当たり前です。いえ、高ければ良くなければ困ります。私が以前に紹介してもらった人は私があれ?と思うくらい高く、話をしていて自分の金儲けが常に最初に来ている人なんだなぁと感じたのを覚えています。サービスは良いかも知れませんが、私はその態度が不快で、紹介しては貰いましたが私が受けた依頼について具体的に相談することはありませんでした。
今日紹介して頂いた人はごく平均的な料金か、むしろそれよりも安くやってくれるけれども、つい3日ほど前にイギリス人の会社設立をやったと言ってその書類をちょこちょこっと見せて頂いた限りではとてもしっかりした仕事をしているという印象でした。

さて、MM2Hビザでの起業ですが、起業自体はできますね。まだできます。
でも規制が緩やかだった以前よりも上手くやらないといけなくなったという印象です。
前々から言われていることですが、MM2Hビザ所持で会社のDirectorになることは可能です。Directorですので、例えばレストラン経営をするということで会社を興した場合、Directorは表立って接客をしたりレジにいたりということができません。「取締役」ということなので、だいたいその感じは把握できるかと思います。
自分は動かず、マレーシア人を雇ったり第三国からのメイドを雇ったりして(メイドがメイドとして以外の仕事をできるかどうかは要確認)事業を遂行するという形は可能です。

何のビザも持たずに起業することも可能らしいです。
これは私が今まで知らなかった部分(だってMM2Hに関係ないですもんね)。なのでまだ知らないことがたくさんあると思いますので間違ったことを書くといけないので知識が事実と確定できた時に追々書いていこうと思いますが、これはきっとまず起業をして、その会社で取得できる就労ビザを使って長期滞在ができるということになるのだと思います。
但しこの場合には用意する資本金額が極端に増えますね。

先ほどご紹介頂いたカンパニーセクレタリーは会社設立に関しては素人の私にも深いところまで説明をしてくれて、人柄も良かったですし、今日は良い人に出会えたなぁと友人に感謝しています。しばらくこの人にひっついて勉強させて頂くことになるかもしれません。その公算大です。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン
1年以上
233-1.jpg

235.jpg

234-1.jpg

クルマの詳細

車種     Perodua Myvi 1.3 EZi (Auto)  2008年9月
 
カラー    メタリックゴールド

走行距離   約120,000km(7月13日現在)

販売希望価格 RM22,000 - (新車購入時車体価格 RM45,000 –)

※ エンジン快調、擦り傷少々あり
※ 帰国前まで必要なので、御引渡しを8月15日くらいにして頂ければ助かります。

ご興味がおありの方はご連絡下さい。rika.takahashi@mymm2h.com/rika.takahashi@hotmail.com まで。

ワンクリック、宜しくお願いします。m(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

こちらも宜しく。
↓↓↓
ジモモ ペナン

ロングステイ & MM2H イン トロピカルマレーシア

作者:りか

ロングステイ & MM2H イン トロピカルマレーシア

MM2H関連の仕事をメインにしています。バツーフェリンギでゲストハウスもやっています。

7日 23 総合 1070 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



りかさん新着記事



過去記事

りかさんへの新着コメント




ペナンブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ペナンで生活 2
2位 ペナン生活情報
3位 ひでペンの 【いじゅまじゅ】
4位 日々 幸せ日記
5位 ペナンで生活
6位 33 ブログ
7位 ロングステイ & MM2H イン トロピカルマレーシア
8位 マレーシアのペナン島で生きていく諸々話


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ペナンでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録