Welcome!

マレーシア駐在妻に適切な退屈

1年以上
新しくブログを作ってみました。まだ中身が無いのですが、徐々に記事を増やしていきますね。どうぞよろしくお願いいたします。

マレーシア駐在妻ブログのB面

管理人は同じく、ペナン=ペナー=ペナニストです。
1年以上
泰平の眠りを覚ます上喜撰、たった四杯で夜も眠れず。蒸気船を現代の色んな物に例えて、『まさに黒船来航だ!』…なんて言い方をしてきたものですが、最近やっと気付きました。『上喜撰の正体は烏龍茶だったんじゃないのか?』って。…そんな勘違いをするほど、私は今まで上等なお茶とは無縁の生活を送ってきました。

ペナン州の端(マレー半島側)に住みながら日本人のお友達が出来て、色んな所に連れてってもらったり美味しい物をご馳走になったりして大喜びしている…という経緯はブログに書いたような気になってますが。書いてなかったらすみません。そのご夫婦に教えて頂いたお店の一つが、お茶屋さんです。価値の高いらしい茶器と、たくさんの種類の茶葉を売っているお店です。

多分、卸商だと思います。プーアール茶の塊を包んだ物が大量に積んであり、迷うほどの種類の茶葉が大量に展示してあります。『May I help you?』って声を掛けてくれた女の子が販売担当になりました。『どんな種類がいいですか?こういうのとか?』砕いて使うタイプは面倒くさいからイヤ。『他に緑茶とか烏龍茶とかジャスミン茶とか…』緑茶は日本のが一番という気もしますし、無難な中国茶ということで烏龍茶にしましょうか。『黒と普通のがありますが…』よく知らないけど、普通ので。『香りはストロングかそうでないのか…』ストロングという言葉を聞いてテキーラみたいにきついお酒を想像してしまい、反射的に『強くないので。』って答えてしまいました。

『お勧めはコレとか、コレとか。香りを嗅いでみて下さい。』言われてから、ストロンゲストなのを飲んでも酔っ払うことはないということに気付きましたが、今更言いづらい。『迷うようでしたら、試飲してみますか?』店員さんはチャイナドレスを動きやすそうにアレンジした制服を来て、中華式の茶道らしき作法でゆっくりお茶を淹れてくれます。自分たちのためだけにお茶を淹れてくれるのを眺めているだけで癒し効果が有るように思います。

『何のために一番最初に出たお茶を捨てるんですか?』(→消毒のため)とか、遠慮なく質問していくうちに、つい余計なことも聞きたくなりました。『マレーシア人の発音って10がshi2じゃないですよね?』(→はっ?中国語の話ですか?tenってsu2のことで?…と、改めて発音してもらいました)

『さっき見せてくれた桂花茶ってジャスミンティーのことなんでしょ?』(いえ、違いますよ。)『あ、失礼、ジャスミンじゃなくて 茉莉花 (mo4 li4 hua1)って発音でしたね。』(いえ、そもそも桂花と茉莉花が別物なんですってば。)桂花茶と茉莉花茶の茶葉を出してもらい、香りを嗅がせてもらいました。『違うと言えば違いますねぇ。』なんか桂花に興味あるらしいし…と、それも試飲させてもらうことになりました。

ジャスミンティーにアルコール入れたのが桂花珍酒だと信じてたのに、全く違うものだったとは!という発見にはなりましたが、やっぱりよくわかりませんでした。さて、判定の時です。改めて聞かれました。『どのお茶がおきに召しましたか?』ペナー氏と日本語で相談しましょう。『最後のは無いな。』ごめんね、人生最初で最後かも知れない桂花茶…。

ペナー氏が言いました。『最初のが一番美味しかったと思う。』ここで販売員のお姉さん、困惑です。最初のは比較的安価な烏龍茶、二番目は本命の上質烏龍茶、予定外の桂花茶を淹れたりしているうちに、最初の茶葉は捨ててしまったのでした。『一番最初の味なんて忘れたなあ。』なんて私が言うので、『改めて最初のを試飲しますか?』って淹れてくれそうになり、慌てて止めました。ペナー氏の味覚を信じましょう。

美味しい烏龍茶※クリップは私物。

真空パックだから袋がヨレヨレしてますが、密封されていて美味しいお茶でした。定価35リンギのところを28リンギにしてもらって購入。本命のは定価65リンギで…いくらになったのでしょう?28リンギので十分美味しいです(日本円で千円ぐらい)。

お恥ずかしながら、我が家で普段飲んでいる烏龍茶は2~7リンギぐらいのもの(日本円で百~二百円ぐらい)。それより安い粉茶を買うと、あまりのまずさに飲めず、揚げ物の後処理剤に降格することになってしまいました。あと、急須不要で便利なティーバッグを在庫していて、安い緑茶も飲んできました。昔は湿気対策できてるリプトンだったけど、マレーシアブランドのBOHは個別包装していない分安いなあ、と、どんどん予算を下げてきたものです。

5リンギの烏龍茶を使い切ったあと、28リンギの高級(専門店目線では低級?)烏龍茶を使うようになり、その香りと味の良さに驚きました。そして時々出てくるいつもの緑茶を、『全然美味しくない』と感じるようになってしまったのです。ペナー氏に緑茶を出すと、『なんだ、美味しくない方のお茶か。』って言われる始末。困りました。

お茶屋さんから徒歩圏の中華料理屋さんによく行きますが、ある日そこで食べていると、数人で来店してきた若いチャイニーズマレーシアン女性の1人が親しげに声を掛けてきました。今時の格好をしているから気付くのに時間が掛かったけど、お茶屋さんの女の子だ!やっぱり追加で美味しい烏龍茶を買うべき?急にエンゲル係数を上げてもいいのかな?茶葉を使い切るまでもう少し時間があるのでよく考えておきます。
1年以上
マレーシアにお住まいの皆さん、鮭は1kgいくらでお買い求めですか?本日うまい具合に鮭の在庫が有った、lucky frozenさんでは、4.0kg(1尾)RM96.00で買えましたので、そのお知らせです。


大きな地図で見る

車で空港まで行く手前、工業団地が有るじゃないですか。その途中で左折して水色の建物の角を右折した先に冷凍倉庫を持った会社が有ります(上記地図を参照するか、Googleマップで、『Lucky frozen penang』と入力して探して下さい)。店舗には見えませんが、在庫が有れば小売してくれます。

鮭一尾丸ごとを個人宅の冷凍室に入れるのは至難の業。当然のように、お好みの厚さで輪切りスライスして売ってもらえるみたいです。鮭料理を作りたくて冷凍庫にスペースの有る方、共同購入して分け合いたい方、お試し下さい。

どこからどう見ても会社にしか見えませんし、ドアを開けたらパソコンと電話を使ってお仕事しているOLさんたちが並んでいます。そこで来る所を間違えたなーと思わずに、『鮭ありますか?』って英語又はマレー語で尋ねて下さい。『アダ』って答えが返ってきたら、有ります。(品名は、Frz Salmon Head On SUP 4-5)

帆立貝柱は2.25kg入り1袋RM153.00でした。『生で食べずにテリヤキとかテンプラとかにして下さいよ。』って注意されています。妙な味は付けずに茹でようかと思っています。(品名は、Scallops 6X5Ibs,30/40ct)お腹で運試ししてみたくなったら、加熱せずにわさび醤油で頂くかも?

今日はドライブも食事も最高に楽しかったけど、とりあえず冷凍食品がこんなふうに買える場所ありますよ!って情報をおすそ分けします。たまにはペナン島の有益情報も書くブログ、今後ともよろしくお願いしますね。
1年以上
ペナンに向かって走る あの車に乗って行こう
サンダル履きで飛び出して あの車に乗って行こう

安物買いが夕暮れ さらに安く買いたたく
その声が響きわたれば 購買意欲が増してく

スモークサーモン欲しくて
シャケふりかけを食べてる
本物の鮭を買わせておくれよ

ペナンは天国でもない かと言って地獄ではない
いい人ばかりじゃないけど 悪い人ばかりではない
涼し過ぎる寝室で 毛布にくるまっていたい
南風に吹かれながら 真冬の夢を見ていたい

吸わないタバコを求めて
後輩のためにパシる
重いも軽いも私は知らない

KERETA-KERETA※(脚注参照) 走って行く
KERETA-KERETA どこまでも
KERETA-KERETA 走って行く
KERETA-KERETA どこまでも

世界中に認められた どんなリゾート地なんかより
私が暮らすマレーシアは どんなに居心地いいだろう
世界遺産に建てられてる どんな高級ホテルより
私が住んでる長屋は どんなに住み慣れてるだろう

飲まない焼酎求めて
後輩のためにパシる
芋だか米だが違いがわからない

KERETA-KERETA 走って行く
KERETA-KERETA どこまでも
KERETA-KERETA 走って行く
KERETA-KERETA どこまでも

KERETA-KERETA 走って行く
KERETA-KERETA どこまでも
KERETA-KERETA 走って行く
KERETA-KERETA どこまでも

Train-Train/無言電話のブルース

中古価格
¥1から
(2013/7/1 17:52時点)



ロングステイヤーの車 ご好意に甘えて乗ろう
後部座席に便乗 あの車に乗って行こう

土砂降りのスコールの中を ワイパー全開走って行く
無遠慮も厚かましさも むき出しにして乗ってく
セレブになんかなれないよ だけど駐在妻はイイ
だから私は買うんだよ 有り金一杯はたいて

寿司ネタの貝が欲しくて
巻貝茹でてもらってる
ホタテ貝柱買わせておくれよ

KERETA-KERETA 走って行く
KERETA-KERETA どこまでも
KERETA-KERETA 走って行く
KERETA-KERETA どこまでも

KERETA-KERETA 走って行く
KERETA-KERETA どこまでも
KERETA-KERETA 走って行く
KERETA-KERETA どこまでも


(脚注):マレーシアにはマレー語しか話さない人も居ます。『ちょっと車をどかせてくれない?』ってマレー語で声をかけられていることもあるので、『クレタ=自動車』は、覚えておくと便利です。列車はクレタピと言いますが、鉄道網の整っていないペナンでは馴染みが薄いですね。
1年以上
お知り合いがこのブログ見ておられたとのこと(ありがとうございます)、先日お会いした日本人のご夫婦と連絡が取れました。またお会いするのを楽しみにしております。


レプトスピラ症という、ネズミ・豚・犬・牛が媒介する伝染病が流行しているとのことで、衛生状態のよくない飲食店は利用しない方が良いそうです。ペナン州が名指しする要注意地域ではないけど、行けば100%野良犬に遭い、30%野良ネズミを見かけるあの屋台も避けた方が賢明かな?

『今晩どこで食べる?』というペナー氏の問いに、『消化のいい物を食べたいからお粥売ってる所がいい。』と答えたことにより、その屋台に行くことになりました。お粥はぐつぐつ煮てあるから大丈夫かな、と。お粥屋さんから近い屋台で食べていると、30代ぐらいのチャイニーズ・マレーシアン男性に声を掛けられました。

『○○○ドコ?』何語で話しかけられたのかわからなくて、最初はリアクション出来ませんでした。更にペナー氏の着ている制服を指差しながら、『○○○』って言います。そんな単語知らないしな~と思ったら、それは最近帰任された先輩駐在員さんの下のお名前。『ほかに目が特にギョロッとした人…』ちょっと日本語がわかるようです。苗字を言うと通じず、あだ名を言うと通じました。

『○○○と△△と□□は、よく三人揃ってこの店に食べに来てくれた。』歴代駐在員さんたちの足跡をたどっているような気分です。帰任されたことを伝えたらとても残念そうにしていました。『今どんな人が残ってる?』△△さんが帰任していることはご存知だそうです。□□さんは居るけど、結婚して奥様の手料理を自宅で食べる習慣になってから来てないのかも知れません。

『最近、新しい人が入りました。』…とか言ってしまった手前、近いうちに連れて来ないと?『ここ、私の店です。ごゆっくりどうぞ。』って言われてから、何度もお店の看板を見上げました。皮膚に病気持ってる野良犬がどんどん寄って来るし、ドブネズミがウロチョロしてるし(幸い、人になつこうとはしないけど)、あまりお勧めできないお店ではありますが。丈夫そうな若者だから問題ないかな?連れて来るかも知れません。

マレーシア駐在妻に適切な退屈

作者:ペナニスト

カンポン(マレー語で片田舎の意)からほど近い、ペナン州郊外に住む駐在妻のブログです。

7日 26 総合 1676 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ペナニストさん新着記事

黒船来航か..
1年以上



過去記事

ペナニストさんへの新着コメント




ペナンブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ペナンで生活
2位 ペナンで生活 2
3位 ペナン生活情報
4位 spilled milk ~Don't cry over spilled milk. 小さな失敗にクヨクヨしないで~
5位 Tomoのてくてくマレーシア。
6位 世界遺産 ペナン生活
7位 日々 幸せ日記
8位 マレーシア不動産


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ペナンでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録